サラリーマンの人など会社勤めをしている場合は、一年に一度必ず健康診断を受診する義務が有り、会社側も従業員の健康を把握する義務や健康を守る義務が有ることからも、費用負担を行って従業員に受診をさせているのです。
しかし、家庭の中にいる主婦や個人事業を手掛けている人々は、毎年受診をすると言う事も無いわけで、病院で自主的に健康診断を申し込んだり、人間ドックを受診するなどして自分の健康状態の把握を行う必要が有るわけです。



最近はバンコクに観光に訪れた際に健康診断を受診する人も居ると言います。


バンコクはタイの首都であり、タイでは医療ツーリズム戦略を立てて、様々な国々から訪れる観光客も国の中で受診を行える体制を整えています。また、いざ受診をしたいと思っても、面倒なので次回で良いとか、行く時間が作れないなどのケースも在りますが、観光で訪れた時に受診が出来る体制が有れば利用し易くなります。尚、海外で健康診断を受診する時は言葉の壁が問題になったり、何処で受診を行えば良いのかと言った問題も有りますが、バンコクについては、活発な医療ツーリズムによるクリニック運営が行われていること、検査施設などには日本人の医療スタッフがいる施設や、日本語を話す事が出来る通訳さんなどもいるので安心です。



因みに、クリニック施設はホテルのような華々しさを持つため、病院が苦手と言う人でも安心して健康診断の受診が出来るなどの魅力も有ります。